お産の手順

【病院に着いたら】

医師または助産師の診察があります。
病室で分娩監視装置モニターを装着し、陣痛や胎児心拍数の状態を観察します。
モニタリング以外の時間は、自分が楽な姿勢でリラックスして過ごしましょう。
陣痛が強くなってくるまでは、歩いたり、シャワーを浴びたりしてもかまいません。
※ご家族の付添いは、少人数でお願いします。

【分娩室(LDR室)に入ります】

【分娩室(LDR室)に入ります】

陣痛室と分娩室の機能を兼ねています。少しでもリラックスしていただけるように、照明はダウンライトやブルーの光源を使用し、BGMも選んで頂けます。

状況に応じて、分娩室(LDR室)に入ります。分娩監視装置モニターを装着し、陣痛や胎児心拍数の状態を観察しますが、陣痛の合間には、水分補給をしたり、何か食べたり、眠れるようならウトウトしても大丈夫です。

赤ちゃんの頭が骨盤の中に深く入ってくると、いきみたくなりますが、子宮口が全部開く(10cm)まではいきまず、できるだけリラックスしましょう。

分娩室での付添いは、お1人ずつでお願いします。痛みが和らぐように、腰をマッサージしたり、汗を拭いてあげたり、リラックスできるように介助してあげましょう。

【いよいよ出産】

力強くいきまないと出産できないと思われがちですが、強くいきまないほうが産道の筋肉が軟らかくなりやすく、お産の進行もスムーズになり、会陰部の傷もできにくくなります。

※分娩時の母体や胎児の状態によっては、しっかりいきんでもらったり、会陰切開をする必要がある場合があります。

立ち会い分娩は、事前に両親学級を受講していただいた方に許可をしています。詳しくは両親学級のページをご覧下さい。

※分娩中や分娩直後の写真やビデオ撮影は、お断りしております。

【赤ちゃんが生まれたら】

へその緒を切った後に、ママの胸の上で抱っこします(バースカンガルーケア)当院では、出産直後にバースカンガルーケアをした後にスタッフが赤ちゃんを一時お預かりして全身状態の観察をします。赤ちゃんに異常がないことを確認した後に、再度バースカンガルーケアをしていただいています。不安な時はいつでもスタッフに声をかけてください。

【赤ちゃんが生まれたら】

スタッフが全身観察をしている間、リアルタイムの赤ちゃんをママもテレビでみることができます。

分娩室でママと赤ちゃんの処置をしている間、ご家族には待合室のテレビモニターで赤ちゃんの顔を見ていただくことができます。

【赤ちゃんが生まれたら】

ママと赤ちゃんは、出産後2時間ほど分娩室で過ごします。カンガルーケアをしながらおっぱいを吸わせてみましょう。早期から頻回におっぱいを吸わせることは母乳の分泌を促すことにつながります。

【赤ちゃんが生まれたら】

※分娩室での面会はお一人ずつでお願いします

【産後検診】

当院では、退院後に「1週間健診」「1ヶ月健診」の2回、産後健診があります。入院中に予約を取り、退院指導時に予約日時を記入した用紙をお渡しします。

<1週間健診>

退院日の1週間後を目安に「1週間健診」を設け、助産師が赤ちゃんの体重測定や授乳指導、育児相談を行っております。
※産後に遠方に里帰りを予定している方は、できるだけ1週間健診が終わってからにしましょう。
※キャンセルされる場合は、必ず電話でご連絡ください。

<1週間健診>

<1ヶ月健診>

産後の体調の回復状態や、赤ちゃんの発育状態を診るための大事な健診です。体調に問題がなくても、必ず1ヶ月健診を受けてください。
※予約日時の変更を希望される場合は、診療時間内に電話でご相談ください。
※ 退院後も困ったときには、まずは電話でご相談ください。

PAGE TOP