ART施設紹介

採卵・胚移植室

採卵と胚移植を行う部屋です。
リラックスして治療を受けていただけるよう
照明はブルーの光源を使用しています。

上部のモニターでは治療の状況をご覧いただけます。

培養室

入室口にはエアシャワーを設置し、外部からの埃や塵などの持ち込みを防いでいます。
体外受精を行うクリーンルームです。
室内はエアーフィルターを通した清浄空気を循環させています。照明や室内温度、湿度は卵子や胚(受精卵)に適した環境に設定しています。

インキュベーター

胚を育てる培養器です。
体内の環境を再現した温度、気相に設定し、一定に保つように管理しています。
夫婦1組につき一つのスペースで個別培養にすることで胚へのストレスを必要最小限にし、胚の取り違え防止策のひとつとなっています。

倒立顕微鏡(マイクロマニピュレーター)

卵子・胚の観察や顕微授精(ICSI)、レーザー照射によるアシステッドハッチング(透明帯孵化補助法)を行います。

液体窒素タンク

患者様からお預かりした精子・卵子・胚を凍結し、
-196℃の液体窒素タンク中で大切に保管しています。
精子・卵子・胚をインキュベーターから出すとき、入れるときなどすべての操作において胚培養士2名以上で名前等のチェックを行っています。
 
PAGE TOP