検査と治療手順

不妊症の原因は多岐にわたるため、様々な検査で原因を探り、あなたに最も効果のある
治療を一緒に決定していきます。
治療を始めることで心身に負担を感じることがあるかもしれませんが、体調や精神的な
ストレスは検査結果に影響をおよぼすこともありますので、不安やご質問がありましたら
お気軽に先生やスタッフにご相談ください。

【検査方法】

❶基礎体温

❷血液検査・尿検査

血液や尿中の女性ホルモンの値を調べ、卵胞が成熟しているか、排卵日がいつかを判定します。

❸超音波検査

超音波を使ってお腹の上からや膣の中から子宮や卵巣に異常がないかを調べます。
卵胞(卵子が放出される細胞)の成熟状態や排卵を知る事ができます。

❹卵管造影検査(HSG)

入口からカテーテルを挿入して造影剤を注入した後、レントゲン撮影を行います。
この検査で卵管の通過性や形や大きさがわかります。
卵管の通過性に閉塞や狭窄があった場合は、卵管を形成する手術も行えます。

❺子宮鏡検査

子宮の中に内視鏡を入れて見る検査です。
子宮の異常(炎症、子宮筋腫、ポリープなど)がわかります。

❻腹腔鏡検査

お腹の中に内視鏡を入れて、子宮や卵管、卵巣の様子を直に観察し、より詳しい不妊の
原因を調べます。子宮内膜症などの異常があればその場で治療が行なえます。

❼精子検査

男性側の検査。専用の容器に精液をとり精子の数や運動の状態を顕微鏡で調べます。
男性側に原因がある場合も約半数に見られます。

【治療方法】

① タイミング指導

最も妊娠しやすい日(排卵日)をお知らせし、その排卵日の前日(前後)に性交渉を行う方法です。

② クロミッド療法

排卵が起こりにくい方に、クロミッドという飲み薬の処方によって、排卵を起こすように働きかける方法です。

③ HMG療法

クロミッドで排卵が起こらない場合、HMG(卵胞刺激ホルモン)を筋肉注射し、卵巣にある卵胞を直接刺激して発育を促します。体外受精などの際に多数の卵胞を意図的に発育させるためにも用いられます。しかし、卵巣過剰刺激症候群などの副作用が起こる場合があるため充分注意して行っています。

④ 人工授精

卵管は通っていて、タイミング指導を受けているのになかなか妊娠されない方、軽い精子減少症の方に有効です。検査によって排卵日を探し、最も妊娠しやすい日に行います。ご主人の精子を採取し、動きの良い精子だけを集めて、奥さまの子宮に精子を注入する方法です。性行為の延長と考えてよく、人工という言葉にとらわれる必要はないと思います。

さらに通常の治療では妊娠できない方々には、ART(生殖補助技術)をご提供いたします。

PAGE TOP