不妊不育外来に必要な費用

●初診で診察や血液検査を全てした場合の費用
¥10,000~20,000
●習慣性流産や不育症の血液検査を全てした場合の費用
¥25,000~30,000
●検査や手術にかかる費用
項目 費用
<検査と治療>自費の治療もあります
精液検査 ¥4,000~5,000
人工授精(AIH) ¥16,000(自費)
卵管造影検査(HSG) ¥8,000
子宮鏡検査(ヒステロ) ¥4,000
<手術>自費の治療もあります
卵管鏡下卵管形成術
(FTカテーテル)
¥250,000~300,000
子宮鏡手術 ¥45,000~
腹腔鏡手術 ¥200,000~
<生殖補助医療>すべて自費です
排卵誘発剤 ¥20,000~70,000
体外受精 ¥180,000~260,000
顕微授精 ¥190,000~310,000
胚凍結-融解 ¥40,000~60,000
精巣内精子回収術 ¥150,000~200,000
精子凍結 ¥10,000~30,000
卵子凍結 ¥170,000~300,000
(管理費1年含む)
凍結保存管理料 ¥60,000~120,000/年

※治療方法により費用が若干異なることをご了承下さい。
※ほとんどの検査・手術は保険適応です。高額となる場合は、高額医療費が適応されます。
『生殖補助医療の助成金』についてはこちら。

PAGE TOP